せいやのブログ

ガジェットを主にゆるく書いていきます。

軽く速くなった!?iPhone6をiOS10.3にアップデートしてみた!

どうも、Apple Watchを買うことがほぼ確定したせいや(@seiyabeats)です。完全に出遅れましたが、僕のiPhone6を今日(2017年3月28日)リリースされたiOS10.3にアップデートしたのでレビューしようと思います。

 


見た目や機能に大きな変化はないですが、今回の目玉といえばファイルシステムがHFS+からAPFS(Apple File System)に変わったことですね!20年ぶりに導入する新しいファイルシステムです。macOSやwatchOSもそのうちなるそうです!主な特長として強力な暗号化によるセキュリティの強化、端末の高速化など。このサイトが分かりやすくまとめていたので詳しくはそちらを見てください。

ischool.co.jp


今回のアップデートはiPhoneの中身が丸ごと入れ替わるようなものなので万が一に備えてバックアップはとるようにしましょうそしてできればOTAアップデート(iOSバイス単体によるアップデート)は控えてパソコンのiTunes経由でアップデートすることをお勧めします。僕もパソコン経由でアップデートしました。

アップデート前はiOS10.2.1、空き容量は11.59GBです。

f:id:seiyablog:20170328205050j:plain

まずはバックアップをとります。あとで気付いたのですが、ここで手動でやらなくてもアップデート前に自動でバックアップをとってくれますね。バックアップをとるときは「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることをおすすめします。こうすればTouch IDやヘルスケアのデータなどもバックアップされ、もしデータが消えてもほぼ元通りに戻すことができます。

f:id:seiyablog:20170328205251p:plain

そして「アップデート」をクリックします。まずはOSをダウンロード。2.42GBと大きめでした。

f:id:seiyablog:20170328205618p:plain

f:id:seiyablog:20170328205705p:plain

 OSのダウンロードが終了すると、iPhoneのアップデートが開始されます。
 15分程度でした。


アップデートが終わるとiPhoneは再起動され、簡単な初期設定を終えれば完了です。
空き容量が11.59GBから13.04GBと、約1.5GB増えました。OSのサイズが小さくなったのでしょうか。まあ良い点ですね。

f:id:seiyablog:20170328210028j:plain


それとAppの部分に「>」マークがあって選択できるようになっています。これをタップすると「Appの互換性 これらのAppによりiPhoneの動作が遅くなる場合があります…』というものが。これはおそらく32ビットのアプリだと思われます。いらないAppは消去した方が良さそうです。

f:id:seiyablog:20170328210727p:plain

 
目に見える変更点としては設定アプリの一番上にiCloudの項目ができ、本名が丸見えになてしまっているところ。
今のところこの項目は非表示にできないみたいです。

f:id:seiyablog:20170328210359j:plainf:id:seiyablog:20170328210406j:plain


気になる動作ですが、
速くなった気がします。
アプリの起動が速くなって、全体的にぬるぬる動くようになったと思います。
参考になるか分かりませんが、実際に動作している動画はこちら。

 
というわけで以上です。良いアップデートで良かった。特に理由がない方はアップデートをすることをおすすめします。読んでいただきありがとうございました。

twitter.com