せいやのブログ

ガジェットを主にゆるく書いていきます。

iPhoneの機能制限パスコードをPCから見る方法(Windows、Mac対応)

こんにちは。せいや(@seiyabeats)です。
この度iOSTwitter公式アプリのレートが17+となり、17+のAppが使えない機能制限がかかっているiPhoneではTwitterアプリが使えないという事態になっています。App Storeでも非難の声が上がって軽く炎上していますね。ちなみにAndroidではまだ12+のようです。そのうち17+になると思いますが。今回の騒動を受けてTwitterで「機能制限パスコードが分からない」という人が結構いたので、パソコンから機能制限パスコードを確認する方法を紹介しようと思います。

 
はじめに、iPhoneの機能制限は設定→一般→機能制限で設定できます。

f:id:seiyablog:20170327171316j:plain

このAppの項目の「17+」にチェックが入ってないとTwitterアプリは使えないみたいです。

f:id:seiyablog:20170327171323p:plain



ではやっていきましょう。参考にさせていただいたのはこの記事。

qiita.com

手順は簡単です。

iPhoneをバックアップ
iPhoneiTunesでバックアップするのですが、iPhoneのバックアップを暗号化」のチェックを外してバックアップをとってください。これをしないとうまく動作しません。
※画像はチェックが入っている状態

f:id:seiyablog:20170327165212p:plain



②pinfinderをパソコンにダウンロード
ここ】でpinfinderというものをダウンロードします。自分のOSのものをダウンロードしましょう。

f:id:seiyablog:20170327165056p:plain

③pinfinderを実行
ダウンロードが終わったら、pinfinderを実行するだけです。バックアップがとってあるデバイスとその機能制限パスコードが出て来ます。僕の場合は「8222」でした。

f:id:seiyablog:20170327170025p:plain

以上です。簡単ですね。機能制限パスコード、結構忘れている方も多いと思うので参考になれば幸いです。
読んでいただきありがとうございました。

twitter.com